ラスターレイクホーム > 私たちについて
私たちについて
「会社ビジョン」
金地金の価値を生かしながら、日々の生活を豊かにする。
「絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用」を、リーディングカンパニーとして世界へ発信します。
運営会社 ビルラスター
販売会社 ラスターレイク
代表者 相馬 修
会社設立 2002年
資本金 1億USドル
保有資産 30億USドル
お客様資産 45億USドル
所在地 Level 10, 1706 Saba Tower1, Jumeirah Lakes Towers, Dubai United Arab Emirates
※税務上の理由により、弊社は日本国内に営業所を設置しておりません。
お問い合わせ 0120-940-001

※お客様の利便性を考慮し日本の電話番号で対応しておりますが、インターネット回線を利用しているため通話品質が低下する場合がございます。ご了承ください。
※お問い合わせの際は日本人スタッフが丁寧に対応いたします。

事業内容 金の採掘、金地金の輸出入、販売および保管運用に関わる業務
「会社設立から現在まで」
相馬修がカナダの金採掘企業に在籍中、約20年に渡り世界の金採掘プロジェクトに関わり、中東・豪州・アフリカ地域・南米・中国圏に強いコネクションを築き上げ、投資銀行や企業と共に金の採掘から精製販売に携わるなか、将来の金価格の高騰と個人への資産保全に需要が広がることを確信。2000年以降、急速にドバイの経済発展が進むなか、2002年世界へ向け金地金の販売を始める。その後ドバイは世界の金地金取引の40%を占めるまで成長する。
2008年のリーマンショック後、世界中のマネーが縮小し苦境に立たされたヘッジファンドやプライベートバンクに対し、価格暴騰する金地金を活用した資産運用を提案。現在複数のプライベートバンクと提携し、絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用を世界の個人投資家、資産家に提供。2016年現在の金地金保管量は100トン。
「沿 革」
2002年 ・・・・
ドバイにて創業 欧州圏、中東を中心に金地金の販売を開始する。
2003年 ・・・・
イラク戦争をきっかけに世界で金地金需要が増加。アメリカでの需要増加。
2009年 ・・・・
リーマンショック後に世界的な量的緩和と欧州金融不安により金価格が高騰。
プライベートバンクで絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用を自社保有の金で試験運用。
2010年 ・・・・
顧客向けに絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用サービス開始。欧米諸国の顧客から需要が加速。
2011年 ・・・・
お客様の金地金保管量が60トン(円換算2400億円:当時レート)を突破。
2012年 ・・・・
中国、シンガポールを中心に絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用の需要が増加。
2013年 ・・・・
日本において、増税と財政悪化を受け金地金に需要が増加、絶対的資産である「金を活用」した新たな資産運用の利用者が急増。
2016年 ・・・・
イギリスのEU離脱により金価格が上昇、イギリス・EU諸国からの資産保全需要が急増。
お客様の金地金保管量が100トン(円換算4300億円:当時レート)を突破。